1. HOME
  2. 【PR】
  3. COLUMN
  4. ミニバイク耐久レース「ライパGP」、今秋開催決定

ミニバイク耐久レース「ライパGP」、今秋開催決定

ライダースクラブでは、バイクに乗ることはスポーツすること、と考えます。
そして、それに共感していただける読者の方々に、より充実したバイクライフを提供すべく、様々な誌面企画やイベントを提案してきました。バイクという共通言語があれば、カテゴリーや場所は問いません。

その一つとして誕生したのが「ライパGP」です。

昨年11月に、堺カートランド(大阪府堺市)で初のライパGPとして、ミニバイク耐久レースを開催。

今年4月には、モトクロスヴィレッジ(埼玉県川越市)でオフロード版ライパGPを開催しました。そしていよいよ今秋10月10日(月・祝)に、再び堺カートランドで、よりパワーアップしたミニバイク耐久レースを開催することが決定しました!

速いだけでは勝てない耐久レース

堺カートランドは、全長667mのショートサーキットです。そこを舞台に、オンオフ問わず、かつてのレジェンドライダーや現役ライダーがチームを結成。各チーム4名体制で耐久レースを戦います。

予選はタイムアタック方式で行いますが、好タイムを叩き出したチームが有利なわけではありません。ハンデがつけられたり、パン食い競走的なゲーム要素も加わったりします。

つまり「速いだけじゃ勝てない」レースなのです。「速いがエライじゃない」をコンセプトとしているサーキット走行会「ライディングパーティ」を催しているライダースクラブならではの、走る人も観る人も楽しむことができる、大人の運動会です!

参加ライダーがとにかく豪華!

ライダースクラブの3枚看板、昨年も参戦し、現役当時さながらの熱いバトルを展開した元GPライダーの原田哲也さん、中野真矢さん、そして青木宣篤さんが今年も参戦します。

加えてライダースクラブがサポートする全日本ロードレース参戦チーム、TN45 with MotoUP Racingの代表で元Moto2ライダーの長島哲太さん、現役ST600ライダー羽田太河さん、西村硝さんの参戦も決定!

さらに鈴鹿8時間耐久にNCXX RACING with RIDERS CLUBから参戦する、こちらも現役の南本宗一郎さん、井手翔太さんも来場! オフロード界からは、釘村忠さん、鈴木友也さん、平田優さんがレーシングスーツに身を包みます。

(左)青木宣篤さん(中)中野真矢さん(左)原田哲也さん
(左)羽田大河選手 (中)長島哲太さん (右)西村硝選手
(左)南本宗一郎さん(右)井手翔太さん
釘村忠さん
鈴木友也さん
平田優さん

解説はJSBチャンピオン中須賀克行さん

出場ライダーが豪華なら、解説も超豪華!

なんと全日本ロードレースJSB1000クラスで10回のチャンピオンに輝いた中須賀克行さんが、ライパGPをライブで解説します。中須賀さんが、大先輩である元GPライダー3名の走りをどのように語るのかも興味津々です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021040503_013xx_JRR_Rd1_%E4%B8%AD%E9%A0%88%E8%B3%80%E9%81%B8%E6%89%8B_4000-1024x682.jpg

観戦は300名限定。レース終了後にはライダーとの交流会も

観戦チケットを購入いただいた先着20名様には、特典としてNCXX RACING応援グッズをプレゼントします。

また決勝レース終了後には、参戦ライダーとの交流会(17:00~18:00)も開催します。
ショートサーキットならではで、コースと観戦エリアが近いこともあり、プロライダーの走りを間近で観られるチャンスです。

ブレーキング、シフトダウン、コーナリング、立ち上がり、ライン取り……。スポーツライディングを楽しむにあたり、ヒントとなることがたくさん見つかります!

開催概要

【日 程】 練習走行10月9日(日)、本戦10月10日(月・祝)
【時 間】 両日とも10:00~17:00 
【会 場】 堺カートランド(大阪府堺市) 
【観戦券】 3,000円 ※中学生以下は無料
【駐車券】 500円
【定 員】 300人 ※先着20人にNCXX RACING応援グッズプレゼント
【締切り】 2022年9月30日(金)
【特 典】① ピットウォーク② ライダー交流会参加(10月10日レース終了後 1時間)

関連記事